close

Welcome to DAILY BLOG!

ベイクルーズグループが運営する、ファッション、食、ライフスタイルに関わる最新情報を毎日配信していくブログポータルへようこそ。

地域を設定する

お住まいの都道府県を選択してください。選択した地域のお天気と気温が表示され、検索に利用できます。

記事を選ぶ

興味のある記事を選択してください。選択した記事が絞り込まれて表示されます。

mens icon girl icon

男性向け 女性向け

※設定は任意です。
  後でメニューの設定アイコンパネルから設定を変更することができます。

BAYCREW'S GROUP : Daily Blog

Hello, my look

今日、なに着る?


Powered by World Weather Online

Find!

表示設定

検索

記事を探す

ブランド


地域

Find!

閉じる

柔らかで上質。ボイル感。そして美しいシルエット。「HARRIS WHARF LONDON」

From: EDIFICE TOKYO(渋谷店)
Date: 2012.10.26.Fri.

いつもBAYCREW’S GROUPE DAILY BLOG をご覧頂きありがとうございます。

EDIFICE TOKYOです。

11月も半ばに差し掛かりましたがコートのご準備はされていらっしゃいますか?

そろそろ最低気温が10度を下回る時が出てくる頃ではないでしょうか。

一般的にコートを本格的に着る時期は、個人差や様々な見解はありますが、気温が10度前後が目安になるようです。

というわけで、今日はコートをご紹介致します。

今シーズン初登場のブランド「HARRIS WHARF LONDON」。

デザイナーはジュリア・アッチアルディ。ロンドン在住。

ロンドンでデザインされ、イタリアにある家族代々伝わってきた工場で“HARRIS WHARF LONDON”は生産されています。

裏地やパットの仕様がなく、柔らかで上質な素材を使用。

ボイル感も特徴的です。

EDIFICEではダッフルコートとチェスターコートを展開。

 

12020310669430-066 ダッフルコート ¥50400

 

 

 

12020310669430-008 ダッフルコート ¥50400

 

 

12020310669430-040 ダッフルコート ¥50400

 

 

12020310669330-020 チェスターコート ¥49350

 

 

 

 

 

12020310669330-040 チェスターコート ¥49350

 

 

 

 

12020310669330-006 チェスターコート ¥49350

 

 

 

共にリラックス感があり尚且つスタイリッシュな仕上がり

 

になっています。

 

今年のコートは「HARRIS WHARF LONDON」で決まりですね。

 

皆様のご来店をお待ちしております。

 

information

 

通信販売を佐川急便のeコレクト(代引き)にて行っております。

お気軽にご利用下さい。

 

EDIFICE TOKYOではTwitterとFacebookの公式アカウントがございます。

新作情報からお問い合わせのご対応まで行っております。

皆様のfollow&likeをお待ちしております。

 

 

EDIFICE TOKYO公式アカウント————————————

twitter:@edificetokyo

Facebook

http://www.facebook.com/EDIFICE.TOKYO

 

 

 

 

 


この商品を店舗でチェック!

Shopping Memo

店舗での購入をお考えの方は、商品情報を携帯電話、
スマートフォンでご確認いただけます。

CANADAGOOSE YOKOHAMA限定モデル

From: ルミネ横浜店(Le Dome)
Date: 2012.10.26.Fri.

ブログをご覧の皆様、こんにちは。

EDIFICE横浜店です。

皆様、今年の冬のアウターはもう買われましたか?

アウターが決まれば安心して冬を迎えられますよね。

しっかり防寒できて、オシャレに着れて、尚且つON/OFF兼用できるアウターがあれば。

今回ご紹介致しますのは、まさにそれらが揃った完璧なアウターです。

 

「CANADAGOOSE」
ご存知の方も多いはずです。全てMADE IN CANADAにこだわった、機能面とファッション性を兼ね備えたブランドです。

 

「JASPER」という1番人気モデルをEDIFICE別注で黒ワッペンに致しました。

 

12020310562130  グレー XS~L ¥68250(税込)

 

 

ミドル丈なので、是非スーツスタイルでもお使いください。黒ワッペンも馴染みますね。

スタイリングのご紹介です。

まずはONスタイルで、ジャケパンスタイルに。

グレーのカラーリングがより一層おしゃれに見えますね。

ファーの着脱も可能なので、お好みで外しても着て頂けます。

ジャケットの着丈が少し出てしまう。スポーティーすぎてビジネスには使いづらい。

それらがこのJASPERであれば問題無しです。

 

続いてOFFスタイル、お休みのリラックススタイルに。

アウターだと、実用性も気になる所です。

ある程度の水なら撥水しますし、ダウンとフェザーで軽く、フロントはボタンとジップで風も通しません。

袖口のリブ使いや、ハンドウォーマー付きのポケットも嬉しいですね。

これさえあればこの冬は心も体もほっかほかです。

 

実はここルミネ横浜店のウィンドウにもこちらがディスプレイされております。

雑誌Beginとのタイアップをしていますので、宜しければBeginもご覧になってみて下さい。

店頭のウィンドウもCANADAGOOSE仕様です。

グレーのJASPERが勢揃いです。

アウターをお考えのお客様、今がチャンスです。

是非この機会に店頭にてご試着なさってみて下さい。

数に限りがございますので、お電話等でのお問い合わせも承っておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

スタッフ一同心よりお待ちしております。


この商品を店舗でチェック!

Shopping Memo

店舗での購入をお考えの方は、商品情報を携帯電話、
スマートフォンでご確認いただけます。

“EDIFICE TOKYO”とは…

From:
Date: 2012.10.26.Fri.

グローバル化が進んでいるファッション業界の中で、エディフィスでは御客様が抱くブランドへの期待、
現状況下の中で担わなければならない役割、アイデンティティなどを考える機会がある。

1994年、”フレンチシック”を掲げ、渋谷・明治通りに面したエディフィスの一号店が誕生してから18年が経つ。
ファッションだけでなく、インテリア、音楽、フォトブックなどを織り交ぜてファッションカルチャーを
提案してきたエディフィスは、今や日本だけでなく海外からの御客様も増えている。

フランスのカルチャーにある”モダンなクリエイティビティ”を、東京のスタイルとして再構築・提案する事が
グローバル化するエディフィスへの期待に応える事であると考え、今回のプロジェクトがスタートした。
ファーストコレクションとなる”EDIFICE TOKYO”のプロダクションは、渋谷の店舗と幾つかのロンドンの
有名店舗限定の展開になる。

今回はエディフィスの設立以来エバーグリーンなアイテムとして、ブランドの根幹となすものをロンドンの
何人かのバイヤー達と共に構成した。”EDIFICE TOKYO”とは、「TOKYOから世界へ発信する」という
気持ちから生まれた、コンセプチュアルな取り組みである。

メルトンショールカラーブルゾン

お馴染みのエディフィスメルトンショールカラーブルゾンを、より柔らかくモデファイしつつも、
シーチングを使用した本格的なワークウェアとして仕立てている。久しぶりに縫製も日本本国で行われ、
日本の匠な技術にて仕上げられた日本発信のエディフィスシグネチャーモデルである。

20121025_2.jpg

メルトンダッフルコート

ブランド設立時、エディフィスのアイコニックなアイテムとされていたダッフルコート。
スタッフの全てが白いワークパンツに合わせ、スーツスタイルに合わせ、エディフィスのスノビズムを表現していた
当時、フランスの”BCBG”であり、アメリカの”プレッピー”であり、イギリスの”モッズ”であるこれらの
スタイリングは、冬の訪れと共に常にエディフィスのメインウインドウを飾っていた。

しかしながら、移ろい易いファッショントレンドに沿い、現状は”エディフィスといえば、
ダッフルコート”と云われたのも久しくなってしまっている。
そうした状況下、エディフィスを知るロンドンのバイヤーのリクエストからこのモデルが生まれた。
よりクラシック、かつ本格的なディテールデザインを施し、フィッティングやサイジングを今日的に仕上げている。

20121025_3.jpg

ジャケット、ベスト & パンツ

ジャケット、ベスト、パンツで構成されるセットアップのスーチングは、通常これらのアイテムでは
使用されないメルトンウールで仕上げられている。古くは労働者に着用されていたタフでデイリーなジャケット、
ベスト、パンツのスタイリングを今日的に表現する事で、今やスーチングの大勢を占めるビジネススーツにはない
郷愁とスーチングのリアリティを伝えたいとした考えがある。

単品としても着用でき、存在感のある下襟、ショートレングスのワークジャケット。
デニムやチノとの相性の良いコンパクトな設計のメルトン+シーチングのベスト。
ツープリーツで腰周りにゆとりをもたせ、短めの丈で合わせたいテーパードシルエットのパンツ。
それらは組み合わせる事によりファッションとしての今日的なスーチングになり、異素材・他アイテムとの
コーディネートによりデイリーでリアルなアイテムになる。

20121025_5.jpg
20121025_6.jpg
20121025_7.jpg

フランネル&シャンブレーシャツ

シャンブレーコットンやコットンネルにて仕立てられたシャツは、日本において一般的に出回る
カジュアルシャツとは一線を画すものになっている。
敢えて日本屈指のドレスシャツファクトリーにて仕立てたスポーツシャツは、立体的なパターン設計、
伏せ縫いの伝統的縫製、フラシ芯の柔らかい衿・袖周り、白蝶貝のボタン使用と、現在市場に出回る
第三カ国生産によるマジョリティーなカジュアルシャツとは圧倒的にその質が違う。
カジュアルなファブリックを使用しながらも立体的に仕立てる事で、ジャケット着用やタイドアップにも
耐えられる大人のカジュアルシャツに仕上がっている。

20121025_4.jpg
20121025_8.jpg

EDIFICE TOKYO

東京都渋谷区神宮前6-23-3
03-3400-2931(カジュアル)
03-3400-2932(クロージング)詳細はお近くのEDIFICE店舗へお問い合わせください。
BAYCREW’S GROUP ショップガイド


この商品を店舗でチェック!

Shopping Memo

店舗での購入をお考えの方は、商品情報を携帯電話、
スマートフォンでご確認いただけます。

CANADA GOOSE COLLECTION in EDIFICE TOKYO

From:
Date: 2012.10.26.Fri.

確かなクオリティと高いファッション性を兼ね備え、世界中の多くのファンに愛されているCANADA GOOSE。
現在、諸外国に生産拠点を移すアウトドアブランドが多い中、CANADA GOOSEは頑ななまでに「Made in CANADA」にこだわり生産しています。

この度、EDIFICEでは通常展開のないモデルや、人気のモデルなどを中心にバリエーション豊富に展開致します。
是非、この機会にEDIFICEにてご覧になってみて下さい。

 
CANADA GOOSE COLLECTION
開催店舗:EDIFICE TOKYO(渋谷)
開催日程:EDIFICE TOKYO:10月27日~


この商品を店舗でチェック!

Shopping Memo

店舗での購入をお考えの方は、商品情報を携帯電話、
スマートフォンでご確認いただけます。

WOOL RICH NEW ARCTIC PARKA

From:
Date: 2012.10.26.Fri.

1830年、アメリカのペンシルバニア州にて英国移民のジョンリッチⅡ世によって創業されました。
アメリカ最古のブランドといわれるウールリッチは生誕180周年。
中でもARCTIC PARKAは1972年に誕生して、今年40周年を迎えます。
今年はデザインをリニューアルし、袖口の変更や、丈を少し長くするなど、細かなディテール変更を行っており、
スーツにも合わせられるバランスに設計されています。スーツやウールパンツなどでオンに、ジーンズや軍パンで オフにも使える汎用性の高さも人気を博している魅力のひとつです。
今回は、カラーバリエーションがかつて無かった程の展開で、クロ、オリーブ、ネイビー、ベージュ、レッド、
オレンジと非常に豊富です。その他、ウールタイプでライドグレー、ネイビーのご用意もございます。


この商品を店舗でチェック!

Shopping Memo

店舗での購入をお考えの方は、商品情報を携帯電話、
スマートフォンでご確認いただけます。