close

Welcome to DAILY BLOG!

ベイクルーズグループが運営する、ファッション、食、ライフスタイルに関わる最新情報を毎日配信していくブログポータルへようこそ。

地域を設定する

お住まいの都道府県を選択してください。選択した地域のお天気と気温が表示され、検索に利用できます。

記事を選ぶ

興味のある記事を選択してください。選択した記事が絞り込まれて表示されます。

mens icon girl icon

男性向け 女性向け

※設定は任意です。
  後でメニューの設定アイコンパネルから設定を変更することができます。

BAYCREW'S GROUP : Daily Blog

Hello, my look

今日、なに着る?


Powered by World Weather Online

Find!

表示設定

検索

記事を探す

ブランド


地域

Find!

閉じる

  • TOP>
  • L'ECHOPPE

MAN-TLE WOMAN 2

From:
Date: 2019.02.10.Sun.

MAN-TLE WOMANのPOP-UPを1ヵ月限定で開催中です。

 

まずはうちのかわいい女子が素敵に着こなしてくれている写真を。

 

R6という春夏のコレクションはネイビーとホワイトの2色展開。

 

 

 

 

 

 

 

かっこいいやらかわいいやらなんでしょう。

素直に体をいれてみたいと思わせる服です。

 

型数が少ないことも特徴で、MAN-TLEの魅力をしっかり満喫できるのがうれしい。

買い付ける側としても、ピックアップさせてもらう少ない型数でどうブランドの魅力が伝えられるかなって悩むところなので、この潔さも素敵。かっこいい。

 

個人的な感想ですが、ご覧いただいたお客様とMAN-TLEの服についてお話しするのがとても楽しく、今回このような機会がいただけたこと、とてもうれしく思っております。

 

女性の方ってわりと服のディテールよりも全体の印象をメインにお洋服を選ばれることが多いです。それがMAN-TLEに関しては細かいディテールに興味を持たれる方がほとんど。そこがおもしろいなあと思って関心しています。

 

『プロダクトとしての服』ということがテーマになっているMAN-TLE。

それこそお客様がプロダクトとして何かを感じてくださっているんだと思って、作り手の意図が見た方にまっすぐ伝わっているようで見ていて素晴らしい光景です。

 

はい。

 

ということで、MAN-TLE WOMANのPOP UPは2/28まで。

 

現在、日本国内ではMAN-TLE WOMANのお取扱店舗がなく、

コレクションがご覧いただけるのはこの期間、L’ECHOPPEだけです。

 

ぜひお見逃しのないように。

 

 


この商品を店舗でチェック!

Shopping Memo

店舗での購入をお考えの方は、商品情報を携帯電話、
スマートフォンでご確認いただけます。

MAN-TLE WOMAN

From:
Date: 2019.01.30.Wed.

 

頭でも心の中でもうまく形成できない、「欲していたなにか」が、目の前に素晴らしく美しい形で現れてくれたときの純粋な喜び。

 

MAN-TLE初のウィメンズコレクションであるR5と春夏コレクションR6をまとめて、本日1/30よりL’ECHOPPE2階にて展開いたします。

 

国内ではL’ECHOPPEのみでの展開です。本日1/30(水)18-21時までは、お飲み物と軽食を用意しております。どなた様でもお越しいただけますので是非ご来店ください。

 

 

 


この商品を店舗でチェック!

Shopping Memo

店舗での購入をお考えの方は、商品情報を携帯電話、
スマートフォンでご確認いただけます。

MME.VU2

From:
Date: 2019.01.16.Wed.



 

 


この商品を店舗でチェック!

Shopping Memo

店舗での購入をお考えの方は、商品情報を携帯電話、
スマートフォンでご確認いただけます。

MME. VU

From:
Date: 2019.01.14.Mon.

 

MME. VU、マダムヴーと読みます。

ちょっと読みにくい、

彼女のニックネーム、Madame Vu(マダムヴー)ことMelissaに会いに行ったのは2018年5月。

 

返事がのんびりしていて本当に会ってくれるのか不安になりながら、いくつか前のブログで紹介したAl’s Attireに行く為にサンフランシスコに行っていましたので、そこから橋を渡ってカリフォルニア州のEmeryvilleというところにあるMelissaのアトリエへ。

 

 

彼女は写真にある1950年代以前のアメリカ製のミシンを使用してお洋服をつくっています。

 

当時、服をつくるという行為は家族や誰か着る人の為を思いながら、デザインや生地選びから始まり、手縫いやミシンでチクチクカタカタ、丁寧に時間をかけながらとても愛おしい作業でした。つくってもらった人たちもその服を長く大切に着ていた時代のことです。

 

サスティナブルという言葉が話題になるほど服があふれている今、Melissaは服をつくるということの原点に立ち返り、1点ずつ手作業で服を製作しています。

 

 

Melissaと試着中のわたし。

完全に男の子ですが..これをどう着ようかなって、妄想に夢中の頃。

 

先のとがったウエスタンブーツもいいですよ。エンジニアブーツで下半身をどっしりさせるのもええな、とか。冬はニットを合わせてずんぐりむっくり、春と秋はボリュームのあるブラウス、夏は潔くタンク一枚とか。女子は幅が広くて楽しい。

 

ジャケットは左前になっているし、パンツもサイズが大きいので、男女問わずお召しいただけます。(海外に買付けに行くとユニセックスという言葉をあえて避ける方々によく出会います。彼女もそうでした。)

 

 

 

 

最近は手作業とかハンドメイドとか、こういった言葉も安易に使われるようになってしまって、うちも大きなお店だし、商品をお店に陳列するだけでは、皆様にその実際のところの作り手の労力とか気持ちの部分とかまで伝えることはとてもむずかしいです。

 

だからお店に立って販売をさせてもらっているのですが、彼女のつくる服に関してはとにかく実物を見て欲しいということ。

縫い目がわかりやすくゆがんでいます。

硬い生地をわざわざ1950年代以前のミシンを使って縫い上げてますから、そういうところに愛おしさを感じてにやにや眺めてしまうのはわたしだけじゃないと願う。

 

 

 

 

ボタンのパッキン部分の型抜きじゃない革もそう。ありがとうって思う。

ネットの情報が全ての今ですが、うそがないことの美しさやそのものの迫力はSNSからじゃ伝わりづらいかなと思います。

 

 

 

 

ほかにもMelissaが巻いていたエプロンをスカートに作り変えてもらったり、彼女が肩にかけているとにかく大きいバッグも入荷。逆光ですみません。

 

商品の写真は改めてアップします。

 

 

1月16日から発売開始です。お楽しみに。

 

 

 

 

 

 

 

 


この商品を店舗でチェック!

Shopping Memo

店舗での購入をお考えの方は、商品情報を携帯電話、
スマートフォンでご確認いただけます。

We are having a SALE!!! 2

From:
Date: 2019.01.10.Thu.

 

 

 

 

【Bernard Zins】

 

フランスのパンツの専業ブランドBernard Zins。

フランスの古着屋さんで出会えそうなカラーの細畝コーデュロイの生地を選び、作っていただいたL’ECHOPPE別注です。

素材にカラー、シルエットまでいいところばかり。

 

ぜひこの機会にさらに多くの方にお楽しみいただければと思います。

 

Zins Brother

 

40% OFF

 

35,000yen → 21,000yen +tax


この商品を店舗でチェック!

Shopping Memo

店舗での購入をお考えの方は、商品情報を携帯電話、
スマートフォンでご確認いただけます。