close

Welcome to DAILY BLOG!

ベイクルーズグループが運営する、ファッション、食、ライフスタイルに関わる最新情報を毎日配信していくブログポータルへようこそ。

地域を設定する

お住まいの都道府県を選択してください。選択した地域のお天気と気温が表示され、検索に利用できます。

記事を選ぶ

興味のある記事を選択してください。選択した記事が絞り込まれて表示されます。

mens icon girl icon

男性向け 女性向け

※設定は任意です。
  後でメニューの設定アイコンパネルから設定を変更することができます。

BAYCREW'S GROUP : Daily Blog

Hello, my look

今日、なに着る?


Powered by World Weather Online

Find!

表示設定

検索

記事を探す

ブランド


地域

Find!

閉じる

  • TOP>
  • WISM>
  • BLOHM キタヨ!イクヨ!クルヨ!

BLOHM キタヨ!イクヨ!クルヨ!

From: 渋谷店
Date: 2018.09.18.Tue.

 

 

 

どうもこんばんは!

 

 

今日は前置きなしで語らせていただきます、麻喜です。

 

 

ついにWISMにあのシューズブランドがやってきました。

 

 

“BLOHM”

 

 

これから必ず、WISMの核となるブランドです。

 

 

 

僕も個人的にずっと大好きなブランドで、どんなパンツになろうと、パンツのサイズ感、シルエットが変わろうと履き続けていて、いつかWISMでもやっていただきたいと心待ちにしていたので、涙が出る勢いです。ありがとうございます。

 

 

 

まず、履き続ける理由が、履きこむごとに馴染む作りと、いい意味でテキトーに履ける”ローファー”という面。

 

 

 

ローファーをストリートに落とし込むということかまず最高。

 

 

 

ローファーでスケートをするアイコンがいたみたいに魅力を感じます。最高にクールです。

 

 

 

でも、某スケートブランドのD○Sのルームシューズじゃ外履きは出来ないし、外で履きたいなぁなんて。(おそらくアフタースケートして目をつけたと思います)

 

 

西海岸では、朝晩の寒暖差対策と、海岸沿いや街乗りのスケートやビーチクルーザーに乗るために、かかとのある楽なシューズとして、ルームシューズは親しまれています。

 

 

 

コーデュロイ素材の所謂ルームシューズのようなフォルムのシューズは、カリフォルニア(主に南のほうの地域)ではハウスシューズとして日用品店に売られているくらいポピュラーに履かれているそうで。

 

 

 

 

そういったハウスシューズを普通に外履き出来たら超格好良いなぁなんて思ってたときに、当時、BLOHMの存在を知り、全てが合わさったような感じでその時からずっと惚れ込んでいます。

 

 

 

 

主観にはなりますが、そういったシューズのフォルムの背景や、BLOHMが作り出す、今とカルチャーのミックスが最高なんです。

 

 

 

 

お馴染みレジェンド ジェイソ○ディルはBLOHMのブランド情報を何も知らずにたまたま日本で見かけた時に全色買いしたみたいです。(その後、彼のブランドとのコラボも果たしています)

 

 

 

 

そういうカルチャーを強く感じさせるパワーがBLOHMにはあるんだなぁ、スゲェなぁ、と勝手に思っていたり。

 

 

 

以前にUNUSED等のブランドともコラボアイテムを出しています。

 

 

 

僕にとっては、念願のWISM上陸。熱が入るわけです。

 

 

 

長くなりましたが、まずはBLOHMの定番中の定番、HOMIES RATから入荷。

 

 

 

 

 

フラットソールがベースとなるBLOHMの中で、このモデルはビブラムソールの本格派。

 

 

 

 

 

 

アッパーはコーデュロイ素材で、内側、インソールは全てレザー。

 

 

 

 

履きこむごとに味が出ます。コーデュロイも、BLOHMのなかではタフなオンスで、アタリも楽しめるような雰囲気デス。

 

 

 

何より内側のレザー。最初から柔らかいので、履きやすさも重視され、馴染み易く、心地の良い質感。

 

 

 

合わせるパンツを選ばないのもこのシューズの魅力です。

 

 

 

tone × WISMのEX PANTSに合わせたくなります。むしろ最強です。

 

 

 

 

 

 

程よい裾の溜まりにうま~く収まってくれるこの絶妙なボリューム感。

 

 

 

これがBLOHMの真骨頂かなと。

 

 

 

ラフに、テキトーに、抜けつつも、コレを合わせることで完成する独特の空気感。

 

 

 

ワイドめのパンツにも合わせれますし、いつもVANSやconsで合わせているところをコレでいつも通りに合わせるといった感じです。

 

 

 

もう、言わせないですね。

 

 

 

UNUSEDの定番デニムパンツに合わせると

 

 

 

 

 

 

テーパードが効いたやや細身のパンツだと、履き口部がオープンになります。

 

 

 

ローファー本来の存在感が出せる履きこなし。

 

 

 

いつも、ガチガチな革靴を合わせているとこであえてみたいな考えです。

 

 

最高。

 

 

 

最後に、渋谷スタッフも唸っているcomoliのナローシルエットのパンツに合わせると。

 

 

 

 

 

 

フレアしてるかのようなパンツのシルエットに、綺麗且つ洒落感強めな合わせ。

 

 

 

イージーパンツや、スラックス、またはスラックスのような雰囲気とのパンツとの相性もグンバツ。

 

 

 

 

デートに、なんなら結婚式の二次会にだっておしゃれにイケそうな。シュっとも見せれます。

 

 

 

ご飯の時、座敷の席や、靴を脱ぐシーン。お腹も満たされて、さぁ帰りましょうで、靴紐結ぶのに手間とられてるのじゃ格好悪いすよね。BLOHMならスマートです。

 

 

 

スッと履けて、且つ綺麗めなスタイルにも、ラフにもいけるシューズ。これだけで最高だと思うんです。

 

 

 

僕はBLOHM中毒者の一人で、語り出したらきりがないかもしれません。

 

 

 

新宿店のクツ(沓掛)もその一人。クツからも後日ブログにてお話しがあるかと。

 

 

 

 

それだけ言葉で伝えられるところは伝えたいですし、まずは履いて、履き込んでその魅力を感じてもらいたいです。

 

 

 

 

まずは、足を通してください。

 

 

是非、店頭で。

 

失礼します。

 


この商品を店舗でチェック!

Shopping Memo

店舗での購入をお考えの方は、商品情報を携帯電話、
スマートフォンでご確認いただけます。