close

Welcome to DAILY BLOG!

ベイクルーズグループが運営する、ファッション、食、ライフスタイルに関わる最新情報を毎日配信していくブログポータルへようこそ。

地域を設定する

お住まいの都道府県を選択してください。選択した地域のお天気と気温が表示され、検索に利用できます。

記事を選ぶ

興味のある記事を選択してください。選択した記事が絞り込まれて表示されます。

mens icon girl icon

男性向け 女性向け

※設定は任意です。
  後でメニューの設定アイコンパネルから設定を変更することができます。

BAYCREW'S GROUP : Daily Blog

Hello, my look

今日、なに着る?


Powered by World Weather Online

Find!

表示設定

検索

記事を探す

ブランド


地域

Find!

閉じる

「our」の解釈

From: 新宿店
Date: 2019.06.20.Thu.

 

こんにちは。

 

膨張しすぎた頭が電車で鬱陶しい。悩んでます。

 

高村です。

 

今日は新ブランド「our」の話をしにきました。

 

ですがその前に前説を。

 

 

自分は勿論、このBLOGを読んでいただいてる皆さんも恐らく

 

かなりの洋服好きかと思います。

 

 

その中でも自分は、その洋服の解釈というか、

 

料理の仕方みたいなものを考えるのが好きでして。

 

そこにその人の経てきたもの、見てきたものだったり

 

いわゆるバックボーンが反映されるのかなと思っていて。

 

そしてそれは個々に違っていて。

 

その、人それぞれの解釈だったり、自分の解釈を話したり聞いたりするのが好きですし、

 

その話を肴に飲む酒は大分美味しいです。

 

 

 

雑誌でたまに見る、これにはこの合わせがマスト!的な見出し、記事。

 

あんま好きじゃないです。

 

 

 

そんな着る人の器量が試される服こそがオーセンティックであり、

 

それこそが、これから紹介する「our」の洋服だと思います。

 

 

前説失礼しました。

 

ではまず新ブランドですので、ブランドの紹介から。

 

 

 

デザイナーは非公開。というか特定のデザイナーではなく、

 

複数のアトリエのメンバーによって構成されているらしく…..。

 

昨日ひたすらdigしましたが、詳細分からず……。

 

国内での展開もまだ少なく、

 

堀家さんも本日のBLOGで「匿名性」と表現しておりましたが

 

まさに、その通り。

 

そしてシーズン毎のコレクションというよりかは

 

デザイナー達がその時期毎に作りたいものを作っているそう……。

 

自由度の高いブランド。

 

どう料理しようか……。

 

 

 

 

WISMでは、共にフリーサイズのシャツ、ショーツの2型のみ。

 

早速ご紹介。

 

 

 

今朝インスタグラム にて載せたところ、

 

堀家さんより「似合いすぎ!!」とお褒めの言葉を頂いたこちら。

 

アフロにした甲斐がありました。

 

上下共にourでございます。

 

 

こうしてみると、WISMヘッズの皆さんの中には、

 

え、なんか普通じゃない?

 

みたいな声も上がるかも。

 

確かに個性豊かなWISMのバリエーションの中だと埋もれてしまうかも。

 

 

ただ個人的には、WISMでいうCOMOLIや、tone的な立ち位置で考えてもらいたいなと。

 

ドメブラで、made in japan。

 

オーセンティックだけど、オーセンティックだからこその。

 

いや確かに普通に見えますけど、

 

良く見ると洒落てますよ、

 

まずはシャツ。

 

 

 

 

SHIRTS / our / ¥18000+tax / 19050597 / 007610


コットン100%のリップストップ生地。

 

ハリ感もあってサラッとしてます。ナイロン混っぽいですね。

 

それに対して、首元、袖口、裾口は柔らかいリブ。

 

シャツとロンTの、ちょうど真ん中。

 

 

 

 

 

裾のリブやや長めが、高村好み。

 

ロンTよりもサラッとしてて、品があって

 

襟付きシャツよりもラフに、幅広く着れそう。

 

 

 

 

 

この袖にちょっと溜まるかんじ、

 

男の「萌え袖」は気持ち悪いから、

 

やっぱりリブは必要不可欠。

 

 

 

 

続いてショーツ

 

これ、買います。

 

 

 

SHORTS / our / ¥24000+tax / 19030597 / 007910

 

髙村大好物のトロピカルウールの8分丈。

 

2~3年前にガウチョパンツとか流行った思い出があるんですが

 

その時は見向きもしなかった、この丈感の、この太さ。

 

いまだから履きたい。

 

 

 

 

普通にハンガーにかかってるだけだと見落としそうなくらいシンプル。

 

でも、是非履いて下さい。

 

これはクローゼットにある様でなかった。

 

自分含めスラックスジャンキーはマストバイ。

 

ショーツ苦手な方も試すべき。

 

そして自分と同世代の、25歳付近のスケートファッション好きも。

 

 

こちらは堀江店のインスタより拝借。

 

そろそろショーツにハイソックス×おVANSは…..。

 

って気分。

 

9分丈スラックスもいいけど、

 

そろそろ飽和状態。

 

ってところでの8分丈。

 

でもこのショーツなら尖ってる感じも無く

 

サラッと合わせられます。

 

 

もちろんマルナカとの合わせは抜群。

 

 

いかがでしょうか、

 

少数精鋭の、この2型。

 

 

 

 

ここからは、自分と、

 

ニューカマー佐々木の「解釈」

 

 

まずは佐々木

 

シャツを料理してもらいました。

 

 

 

佐々木激推しのHEDMAYNERのパンツにBLOHM

 

いや、このパンツもいいんですよねー…….。

 

 

 

 

 

このスタイリングで、トップスが襟付きシャツだと、

 

ちょっとキメすぎ?

 

な、合わせになってしまうのですが、

 

これがこのourのシャツの良さ。

 

 

 

 

フットボールT的なストリートなスタイルにもはめ込めますし、

 

本当に、万能です。

 

 

お次は自分の、SHORTSの解釈。

 

 

 

LABRAMのアフリカンバティックのシャツと合わせて、

 

エスニックな提案。

 

このシャツもかなりカッコいいんですが、合わせが自分の中で

 

なかなかまとまらず、悩んでました…..。

 

と、そんなところにコイツ。(購入確定)

 

これ以外にも合わせてみたいブツがたくさんあります……。

 

家に帰るのが久々に楽しみす。笑

 

 

 

みなさんも、是非店頭で

 

あーでもない、こーでもない、お互い話しながら

 

合わせを楽しみましょう。

 

our(私たち)の解釈によって

 

色んな着こなしに料理できる「our」

 

 

 

 

 

そんなかんじで締めさせて頂きます。

 

是非、店頭にて。

 

失礼いたします。

 

 

 

 

 


この商品を店舗でチェック!

Shopping Memo

店舗での購入をお考えの方は、商品情報を携帯電話、
スマートフォンでご確認いただけます。